後遺障害認定とは、どのくらいの後遺症なのかを判断してもらい、等級認定を受けることです。 後遺症の重さは、1等級〜14等級で判断され、等級が一つ違うだけで、大幅に損害賠償請求額が変わってしまいます。 では、どのようにして等級認定を受ければ良いのでしょうか? 等級認定を受ける方法は、二通りあります。 ・被害者請求 ・事前認定 まず、自賠責保険に本人が直接請求(被害者請求)することで、等級認定の手続きができます。 また、保険会社が治療費用の支払いと同時に行う事前認定でも等級認定の手続きができるでしょう。 適切な後遺障害認定を受けるには、以下のようなことに注意してください。 ・等級認定の基準を理解しておく ・立証資料を用意する 等級認定には基準があるので、それに該当しないと認定してもらえません。 それに、立証資料をしっかりと用意していないと適切な認定をされず、後悔することになります。 この2つのポイントを抑えることで、適切な認定を受けることができるはずです。